パートをする上での注意点とは

それぞれに合った時間にパートに入るという時代

パートをする上での注意点とは パート労働者が圧倒的に増えた今の時代、若い人だから正社員というわけではなくなりました。むしろ、若い人でも時間給で働いていることが多く、その理由に企業が正社員を採らなくなったということが挙げられます。正社員を雇うと給料が高くなるのはもちろん、福利厚生でお金もかかります。つまり、人件費が増大するわけです。その点、パート社員を雇う分にはせいぜい雇用保険料を払う程度で済みますので、少ない負担で済みます。小売業など営業時間が長くなる傾向にある会社では、勤務シフトを組んで時間帯ごとに入れる人を雇うのが、合理的な人材確保の方法です。

昼間は家庭の主婦が入り、早朝や夕方、深夜にかけては自分一人の時間を持っている独身者に入ってもらうといった具合です。働く側も、早朝や深夜は割り増し時間給になることもあって、同じ働くなら効率よく稼げる時間に入ろうということになります。昼間はもっとも時間給は少なめですが、この時間しか入れないという主婦が優先的に入れますので、確実に賃金を得るためには採用されることが大前提と考える必要があるでしょう。それぞれ自分に適した時間に入るパートで稼ぎ、雇う側はさまざまな時間帯で人を確保するのが今の時代だといえます。

Pick Up